どんな雀荘で働くのがいいですか?




日本全国にはたくさんの雀荘があります
その数およそ15000店!
これだけあると、どの雀荘で働いていいか迷ってしまいますね。
まずどのような条件で働く雀荘を選ぶべきでしょうか?
普通の仕事であれば、
1.家から近い、もしくは学校から近いなど立地条件が良い
2.給料が良い
といった理由から働く場所を選ぶのでしょう。
もちろん雀荘もこれらの理由から決めるべきでしょう。
ですが、以下の条件も考慮に入れてください。
3.流行っている
4.レートが低い

3と4は非常に大事です。
あなたの給料に直結しますから。
まず3ですが、流行っているということは、緩慢な経営をしていない限り、確実に会社にお金はあり
ますから、給料の未払いが防げます。(実際に給料が払えないほど経営の苦しい雀荘は結構あります)
そして次が非常に大事なことなんですが、
流行る→お客さんが多い→本走回数が減る→給料が残る
という流れができます。
この流れをしっかり頭に入れて置いてください。
お客様が1人でも増えれば、あなたの本走回数が減り、給料が残ります。
また、お店が儲かることにより、あなたの給料もアップするのです。

この流れを意識することで、いかにお客様1人1人が大切な存在か、今まで以上に理解できるのではないでしょうか?(つまりはメンバー1人1人の接客がいかに大事か、ということです)
例をあげると、私が働く店では、メンバー全員の努力の結果、3年前より毎月の売上が数百万円あがりました。
するとメンバーの本走回数の合計が毎月数百回減りました。
それに伴い、全メンバーのアウト(負け分)の合計が毎月数十万円減りました。
別にメンバーの麻雀の技術があがったからアウトが減った、というわけではありません。
本走回数が減ること=麻雀で負ける可能性が減る(ゲーム代の負担が減る)=給料が増える
ということに気付いてください。
前にも書きましたが、現在のフリーのルールではゲーム代の負担が多すぎて、勝つことは難しいのです。
ですから給料を残すには、いかに本走回数を減らすかが重要になってくるのです。
次に4ですが、レートが低ければ低いほど安定して給料が残せます。
レートが高ければ、もし麻雀が不調で大負けしてしまった場合に、給料が貰えない可能性があります。
そうすると貯金が無いと生活ができなくなってしまいます。
給料の前借などで凌ごうとすると、次の月の給料も減ってしまい、悪循環になってしまいます。
メンバーA君の例を見てみましょう。
彼は月給20万円を貰っているのですが、4月は麻雀の調子が悪く、アウトは15万にもなってしまいました。
ということは5月は5万円で過ごさなければなりません。
かなりきついですよね。
案の定5月半ばにお金は底をつきました。
そこで貯金の無いA君は、お店に5月分の給料のうち5万円を前借りしました。つまり借金しました。
5万円でなんとか5月末の給料日まで凌げましたが、5月も麻雀が調子悪かったのでアウトは15万になり、さらに前借の5万円もアウトに加算されますので合計20万円をお店に払わなければなりません。
ということは給料は1円も残らないわけです。
そこでまた前借することになります。
今月こそは麻雀で勝って返済するぞ、と意気込むわけです。
でもね、
たいていお金に余裕の無い人や、追い込まれた人って負けますから。
これは麻雀だけではないでしょうけど。
案の定6月も調子は上がらず、結局A君は借金を抱えてお店を辞めることになりましたとさ。
A君の例はピン以上のレートでは珍しくないです。
よほどあなたが麻雀に自信があるならピン以上の店を選んでも良いですが、
お金に余裕が無いとハイリスクであることを知っておいてください。
もちろん勝てばリターンも大きいですけどね。
あなたが初めて雀荘で働くのであれば点五の雀荘をおすすめします。
お店の雰囲気や客層も点五のほうがいいと思います。
基礎的な麻雀力を身につけたり、雀荘のシステムを理解するには最適な環境だと思います。
5.チェーン店である
というのも最初に働く店としてはいいと思います。
グループの規模が大きければ、それだけ儲かっているでしょう。
儲かるには理由があるはずです。
儲かる理由を考えて、そのノウハウを吸収しましょう。
複数店舗経営している雀荘ならば、その数だけメンバーがいるということです。
たくさんのメンバーがいるということは、メンバーの教育システムがしっかりしているはずです。
麻雀だけでなく接客に関してもいろいろなことを教えてくれるでしょう。
そのノウハウは、あなたの今後の仕事や人生に大きくプラスになるに違いありません。
もちろん店が大きければいいってものじゃないです。
小さいお店でも、活気があって素晴らしい雀荘はたくさんありますから、最終的にはあなたが判断して、働くお店を決めてください。
では流行っているかそうでないかはどこで判断するのか?
まずは通うこと。
お店の雰囲気を見ましょう。
そして必ず土日の夕方から夜に行きましょう。
週末が一番混んでいる時間帯です。
ここでできれば満卓(空いている麻雀卓が無い状態)になるようなお店が望ましいです。
時期や雀荘の総卓数にもよりますが、10卓以上で満卓なら流行っているとみて良いです。
よくコンビニだと、郊外のお客さんが来ないようなお店で働け。そのほうが楽だから。
なんて聞きますが、雀荘は全く逆ですね。
目に見える「楽」を考えてはだめです。
流行っているほど、忙しいようで実は「楽」であることに気付かなければならないんです。
精神的、体力的にきついこともあるかもしれませんが、それを補って余りある充実感を得ることができます。
そしてその働きに見合った給料をきちんといただくことができます。
初めて雀荘で働こうとするあなたへ。
はじめはほんとに大事です。
間違った教えを受けてしまうと、その時間自体が無駄ですし、それを直すのにまた膨大な時間が必要なのです。
野球やバスケットのフォームを身につけるようなものです。
はじめて働く雀荘のこそ慎重に選んでください。

この記事と関連性が高い記事

コメントを残す

CAPTCHA


  • プロフィール

    ◆taroo(たろー)

    雀荘検索「麻雀王国」やニュースサイト「麻雀ウォッチ」で麻雀界の情報を発信しています。こちらはtarooの個人ブログで、麻雀界や天鳳についてあれこれ書いています。

    ■このサイトについて
    ■お問い合わせ

    profile20121227.jpg
  • 麻雀ニュース

    麻雀専門ニュース

    麻雀ウォッチ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2006年7月
    « 6月   8月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • リンク

  • 麻雀荘メンバーマニュアル完売!!


    おかげさまで完売しました!!
    ありがとうございました!!
  • 「麻雀 10倍勝てるテクニック」で紹介されました


    福地誠さんの「麻雀 10倍勝てるテクニック」の中で「特別収録」として本ブログの記事が紹介されました。
  • [PR]