メンバーの本走に制約は必要か?その2




昨日、メンバーに制約は必要である、と書きました。(お客様には制約がないことを伝えておく)
ただ、必要以上に制約を課すのはどうかと思います。
全く意味がない制約とかありますからね。
私が考える最低限の3つの制約。
1.説明できない意味のないモロ引っかけリーチ
2.着順の変わらないアガリ(条件しだいであり)
3.途中流局の禁止

ですかね。
1.モロひっかけ
私個人的には
中年以上のお客様は嫌う傾向にあり、また彼らが雀荘の売上の中心であることから、決して無視はできない制約なのです。
ただ全く禁止する必要もなく、きちんと意味が説明できればオッケーだと思います。
例えば
こんな手牌や
二萬二萬六萬七萬八萬二筒三筒四筒六筒七筒八筒四索六索八索 こんな手牌
一萬二萬三萬四萬五萬六萬四筒五筒六筒一索一索四索白白 こんなの大体即リーチでしょ?
制約ありだと、一巡回してからリーチするのが一般的ですが、
もし手牌で入れ替えられない場合、不自然なツモ切りリーチになってしまいます。
例えば、東発のリーチのみのモロひっかけとかはどうかと思いますが、
そういうもの以外はぜんぜん問題ないんじゃないですかね?
っていうかモロひっかけになるような局面が一日にそんなにあるか?
よくメンバー同士のセットだと、あえてモロひっかけになるようにぜんぜんいらない牌を持ってたりしますが(笑)

二萬二萬五萬八萬八萬四筒四筒四筒九索九索九索白白白 というわけで、
役と打点と条件が絡めばモロひっかけはぜんぜんオッケー。
でも乱発はするな。
もし何か言われたら、きちんと説明できるようにしておく。

というのが私の見解です。
まあ何か言われるっていっても、制約なしって説明してあるはずなんですがね。
2.着順の変わらないアガリ
実はこれが一番大事。
あなたの雀力が一番問われるところ。
そしてあなたの麻雀を絶対に成長させる制約です。
順位戦ってありますよね?
素点が関係なく、順位だけで勝負が決まるものです。
例えばあなたの最終的な持ち点が何点であろうと
トップが+2000円
2着が+1000円
3着がー1000円
ラスがー2000円
と決まっているものですね。
このときオーラスにおいて、こんな手牌で
一萬二萬三萬四萬五萬六萬五筒六筒五索六索六索中中 中をポンして1000点であがってラスのまま。
全然意味がないでしょ?
仮に中がドラで、ポンして満貫ありますが、ツモっても直撃でもラスのままなら、もちろん意味がありません。
順位戦においては順位を一つでも上げる打ち方をしなければなりませんね。
では一般的なフリーの、素点+順位点(ウマ)が評価される場合はどうでしょうか?
これも基本的には順位戦と同じ考えでいいでしょう。
チャンスがある限り、一つでも上の順位を目指して手をつくるべきでしょう。
最近では、一局一局を独立して考えて、順位点の大きさを考慮して、一番得になるような打ち方をするのがいいとされていますね。
つまり逆転の確率が低ければ、アガラスも辞さないという考えです。
逆転の可能性がないなら、あがることによって失点を防ぐという考え方ですね。
もちろん長期的に考えたらそのほうが得でしょう。
でもあなたはメンバーです。
お客様ではありません。
順位の変わらないアガリをすると、たしかにあなたのアウトにやさしいかもしれません。
でも同卓してるお客様はどう思いますかね?
あなたのラスアガリによって、2着目3着目のお客様のチャンス手が潰れてしまったかもしれません。
恩恵を受けたはずのトップ目のお客様も「メンバーがそれはないだろう」みたいな顔をしてますよ。
赤や裏の祝儀によって、素点や順位点以上のアガリになる場合もあります。
ですが、メンバーが順位より祝儀狙いに走ると嫌われる傾向にあります。
みっともないってね。
これも年配のお客様に多い考え方です。
正々堂々、順位点で勝負しろって言われます。
ですから基本スタイルは順位>祝儀になります。
どんなに祝儀狙いの方が得でもね。
この辺はルールやレート、祝儀、順位点の比率にもよりますのではっきりした答えはありません。
1000点50円の500円-1000円の祝儀100円ならまず順位ありきですね。
3.途中流局禁止
南三局、ラス目のお客様が、我慢して我慢してやっとこさ親番をもってきたところに、トップ目のメンバーが九種九牌。
親くらいやらせてあげればいいじゃない?
そりゃああなたにほとんどアガリ目はないし、九種九牌なら簡単にトップとれますけど、メンバーならそれなりの余裕は見せて欲しいものです。
途中流局は一般的には、九種九牌、四風連打、三家和、四人リーチ、四開カンがあります。
九種九牌、四風連打はあなたがコントロールできる上に、開局したばかりなのですから、する必要はないでしょう。
四人リーチ、四開カンはあなたがコントロールできますが、順目が進んで、あなたに不利なようだったら、しても構わないと思います。
これに文句をいうお客様はさすがにいないと思いますが。
また、三家和は狙ってできるものでもないですからね。
私は一回だけ三家和打った事があります。
もちろんたまたまですが。
そのときはむしろお客様に楽しんでいただけましたけどね(笑)
制約、そして雀荘のルール、方針は時代とともに変化するものです。
お客様と従業員、両者のことを考えたバランスのよい経営をしていかなければならないでしょう。その店の制約を見ることで、雀荘の質がわかるのではないでしょうか?
今後雀荘が生き延びるためには、お客様と従業員、両者のことを考えたバランスのよい経営をしていかなければならないでしょう。
そのために制約は非常に大事なものであると思います。
今一度あなたのお店の制約を見直してみてください。

この記事と関連性が高い記事

“メンバーの本走に制約は必要か?その2” への2件のフィードバック

  1. ヒロ より:

    はじめまして
    メンバーを始めて3ヶ月の新米なんですがよく読ませて考えさせられています。
    順位の変わらない上がりについて,このごろ3着で満貫を積もっても変わらない状況で、赤1の手をツモるかやめるかを考えさせることがあるんですが、メンバーとしてはどうするべきなんでしょうか?ぜひ教えてください。

  2. taroo より:

    >ヒロさん
    アガッていいと思います。
    ただ、もしハネ満で2着以上が狙えるようなら、安易な満貫よりもハネ満を狙う努力はした方が良いと思いますよ。
    フリテンリーチをかけるとか。
    それはヒロさんの雀力アップにも繋がるものだと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


  • プロフィール

    ◆taroo(たろー)

    雀荘検索「麻雀王国」やニュースサイト「麻雀ウォッチ」で麻雀界の情報を発信しています。こちらはtarooの個人ブログで、麻雀界や天鳳についてあれこれ書いています。

    ■このサイトについて
    ■お問い合わせ

    profile20121227.jpg
  • 麻雀ニュース

    麻雀専門ニュース

    麻雀ウォッチ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2006年8月
    « 7月   9月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • リンク

  • 麻雀荘メンバーマニュアル完売!!


    おかげさまで完売しました!!
    ありがとうございました!!
  • 「麻雀 10倍勝てるテクニック」で紹介されました


    福地誠さんの「麻雀 10倍勝てるテクニック」の中で「特別収録」として本ブログの記事が紹介されました。
  • [PR]