発声優先


最近はポン、チー、カンは発声優先のルールを採用しているところが多いと思います。
プロの対局だと、チーする場合は、他者からのポンやカンの声がないのを確認してから、チーの発声しなければならないようですが。
フリーの場合は急所をチーしたい場合は、とにかく早く発声出来るように準備しておく必要があります。
例えば
 ドラ
ここに上家から打たれる
これをポンに発声負けすると、かなり痛いですよね。
では次の例ではどうでしょう。
メンバーT君の実戦から。

このお店では、赤3枚そろうと特別なご祝儀が貰えるルールですので、このT君は万が一のが出るのを待っていました。
すると対面が打!
もちろんT君はノータイムで「ポン」。
ですが上家のお客様も待っていたかのように、ポンの声とほぼ同時に「チー」の発声。
発声優先のルールの場合、同時発声はチーよりポンとカンを優先するのが普通です。
ではT君のポンが成立するのか?
でもT君はメンバーです。
ここはお客様に譲るのがメンバーじゃないですかね?
どんなに急所の牌でもね。
万が一発声が重なった場合はお客様に譲って差し上げましょう。
お客様が
「いや、君のほうが早かったからどうぞ。」
と言われたときだけ、感謝してポンさせていただくのが、プロメンバーの打ち方でしょう。
メンバーがガツガツ行くのは見苦しいですよ!
もっと余裕を持って構えるのがプロメンバーです。

  • プロフィール

    ◆taroo(たろー)

    雀荘検索「麻雀王国」やニュースサイト「麻雀ウォッチ」で麻雀界の情報を発信しています。こちらはtarooの個人ブログで、麻雀界や天鳳についてあれこれ書いています。

    ■このサイトについて
    ■お問い合わせ

    profile20121227.jpg
  • 麻雀ニュース

    麻雀専門ニュース

    麻雀ウォッチ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2006年9月
    « 8月   10月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • リンク

  • 麻雀荘メンバーマニュアル完売!!


    おかげさまで完売しました!!
    ありがとうございました!!
  • 「麻雀 10倍勝てるテクニック」で紹介されました


    福地誠さんの「麻雀 10倍勝てるテクニック」の中で「特別収録」として本ブログの記事が紹介されました。
  • [PR]