卓組みのコツ~基本の5つのコツ




私の友人のSちゃんが最近、ある雀荘で責任者になったそうなのですが、
いかんせん卓組みがうまくできないらしいのです。
「卓組み」とは対局の組み合わせを決めること 。
来店されたお客様を、やめたお客様の席やメンバーの入っている席などに速やかにご案内して、円滑にゲームが進むように卓の組み合わせを決めることです。(「卓回し」とも言う)
うまくやらないと、せっかく来店していただいたお客様を長時間待たせることになってしまいます。
卓が割れてしまって、「待つならやめる」と、お客様が連鎖反応でやめてしまったりしてしまいます。
(「卓が割れる」とは、やめたお客様の代わりに入るお客様もメンバーもいないので、その卓ではゲームが出来ない状態です。)
つまり、卓組みの出来がお店の売上に直結するので、卓組みがうまくできなければ責任者は務まらないということです。
プロメンバーならば必ず身につけていなければならない能力ですね。
で、Sちゃんに
「何かうまいやり方あるかなー?」
と、相談を受けました。
こればっかりはお店の規模などによってやりかたも違うのでなんともいえないですが、基本的なことだけ書いていきましょう。
基本的な考え方を頭に入れておけば、あとはあなたのお店で応用するだけですから。


1.とにかくお客様を待たせない
まず第一にお客様は待たせないようにすることです。
基本的にお客様はせっかちですから、すぐにでも打ちたい方が多いです。
ですからなるべく早く打てるように卓組みすべきです。
ラス半が入っていて、オーラスなどで終わりそうなら少し待っていただく。
ラス半が入っていないようならすぐに新しく卓を立てる。
状況に合わせて素早く判断して、行動に移してください。
最近は1,2半荘しか打たないお客様も多いです。
皆さん忙しいんでしょうね。
こういう方はすぐに打てないと帰ってしまいます。
ですから出来る限りすぐに打たせてあげる。
お客様に「いつ来てもすぐに打てるお店」と思わせるように心がけるのです。
これだけでお客様は何度も来てくれますから。

2.なるべく卓は割らない
一度立てた卓は出来る限り割らないようにしましょう。
お客様は基本的に移動するのが嫌いです。
面倒くさいから、ツイてるから、という理由がほとんどです。
卓を割ってしまうとラス半をかけていないお客様でも連鎖反応でやめてしまうことが多いです。
来店したお客様を待たせないために無理して新しく卓を立てると、今ある卓をつなぐことが難しくなってしまいます。
ですから、基本は先にいらっしゃるお客様を優先することになります。
無理して卓をたてて卓を伸ばすことが、必ずしも売上アップにつながるわけではない、ということです。
3.ラス半状況は頭に入れておく
ラストが入ったらすぐに動けるようにラス半の状況は常に頭に入れておきましょう。
指示を出す人間がフロアにいない場面、本走や代走に入らなければならない場面は必ずあります。
そういうときにでも冷静に判断できるように準備しておきましょう。
4.ここでお客様が来たらどうするか、など常に頭で考えておく
たくさんの卓がたっていて、ラス半がたくさん入っていたり、ラストの瞬間にお客様が来店されたりすると、とたんに慌ててしまう人は多いですね。
そしてまずい卓組みをしてしまう。
なぜ慌てるのかというと、準備をしていないからです。
常に頭の中で、
「ここでお客様が来たらメンバー1入りで卓をたてる。」
「万が一もしラスの人がやめたら卓を割って、今オーラスのラス半が入っている卓にご案内する。」
という風に、あらゆる場面を想定して考えておくんですね。
そうすればいざというときにすぐに動けますから。

とにかくどんな場合でもメンバーは慌てないこと。(卓組みの場合だけじゃなく)
お客様を不安にさせますから。
飛行機に乗っているときを考えてください。
悪天候で激しい揺れの時にCAが慌ててたらどう思いますか?
それと同じで、メンバーはどうどうとしていてください。
メンバーが慌ててたら、卓が割れるんじゃないか、とお客様に思わせてしまうでしょ?
どんなときでも冷静に状況判断をしてくださいね。
5.お客様の来店の流れによって(時間によって)卓組みする
あなたのお店で、一番多くお客様が来店するのは何時頃ですか?
何曜日が一番お客様がいらっしゃいますか?
いつも決まった時間にいらっしゃるお客様はいませんか?
卓組みをするのにお客様の来店データは必須です。
これによってさらに卓組みをスムーズに出来るでしょう。
今の時間なら無理してつないでも誰かくるだろう。
今日は日曜日だからどんどん卓をのばそう。
この時間ならあのお客様が来るからつなごう。
もちろんその通りにいかないことも多いですが、何も考えていない、何もしないよりは数段ましですから。
様々なデータを取って分析しているお店がどのくらいあるでしょうか。
昨日の大会イベントはどのくらい効果があったのでしょうか?
麻雀卓を買い換えたらどのくらい効果があったのでしょうか?
この改善は、売上をどのくらいあげたのでしょうか?
データは取るだけでなく、記録して検証しなければ意味がありません。
どんなにいいアイデアを実践しても、その効果がわからなければ全く意味がありませんから。
もしかしたら違う要因で効果があるのかもしれないですよ?
しつこいようですが、卓組みは売上に直結するのでとても大事です。
しかし、卓組みに関しては口伝が主で、ちゃんとしたマニュアルを持っている雀荘はほとんどないのではないかと思います。
(もしあなたのお店が卓組みのマニュアルを用意していたら、こっそりおしえてくださいw)
でもこれだとなかなか身につかないでしょうね。
とにかく覚えるのには実戦で数稽古しかない状況です。
というわけで、明日は卓組みの例題を出しますので参考にしてみてくださいね。

この記事と関連性が高い記事

コメントを残す

CAPTCHA


  • プロフィール

    ◆taroo(たろー)

    雀荘検索「麻雀王国」やニュースサイト「麻雀ウォッチ」で麻雀界の情報を発信しています。こちらはtarooの個人ブログで、麻雀界や天鳳についてあれこれ書いています。

    ■このサイトについて
    ■お問い合わせ

    profile20121227.jpg
  • 麻雀ニュース

    麻雀専門ニュース

    麻雀ウォッチ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2006年9月
    « 8月   10月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • リンク

  • 麻雀荘メンバーマニュアル完売!!


    おかげさまで完売しました!!
    ありがとうございました!!
  • 「麻雀 10倍勝てるテクニック」で紹介されました


    福地誠さんの「麻雀 10倍勝てるテクニック」の中で「特別収録」として本ブログの記事が紹介されました。
  • [PR]