お客様に助言する?


先日こんなことがありました。
あるお客様はメンチンをテンパっていました。
しかし何を切ればいいかわからない。
そこでたまたま後ろで見ていたメンバーに
「何を切ったらいいですか?」
と質問したわけです。
メンバーは基本的にお客様に聞かれない限り何も言いません。
「これ何点ですか?」
という質問には答えられます。
しかし、
「何を切ったらいいですか?」
という質問には答えられません。
というのも、
「これ何点ですか?」
という質問には正解がありますが
「何を切ったらいいですか?」
という質問には正解がありません。
メンバーが答えたことがいい結果を生むこともありますが、最悪の結果を招くこともあるのが麻雀です。
明らかに〇〇を切ったほうがいいんですが、それが100%うまくいくとは限らないわけです。
その悪い結果に対して、助言したメンバーは責任を取れませんから。

何を切ったらよいかを助言をすることは、トラブルを招くだけです。
基本的には麻雀というゲームはプレイヤー自身が審判でもあります。
卓外の人間は、卓内の人間だけでは判断できない場合に裁定すべきであると思います。
ですから、卓内の人間が気づかないのであれば、卓外の人間が口を出す必要は無いのです。
(プロの対局や公式戦とかだと違うのかな?採譜者が口を出せるんでしたっけ?そんな話を聞いたことがありますね。知っている方教えてください)
お客様が間違って点数申告していたのを見ていても、あなたは訂正する必要はありません。
気づかないのがいけないのですから。
やさしくないですかね?
例えば、あなたがフロアにいるとき、
あるお客様Aが、お客様Bから満貫をあがっていました。
でもAの1巡目の捨て牌に当たり牌が捨ててありました。
つまりフリテンですね。
AもBも含めて、卓内のお客様は誰も気が付かないようです。
それでもあなたは
「それフリテンですよ」
って卓外から言いますか?
あがったお客様からチョンボ料とりますか?
誰も何も言わなかった時点で、そのアガりは認められたのです。
ですからあなたは何も言う必要はありません。
審判はあくまでお客様。
お客様が判断できない場合、メンバーが裁定する。
そりゃあメンバーが審判として全てを確認できればいいですけど、全ての卓の状況を見続けることは不可能ですよね?
全てのアガリを、点数確認からフリテン確認まですることは出来ないのです。
ですから、ある程度はお客様に審判になっていただかないといけないのです。
もちろんあなたが本走中であるなら、その卓内に関してはあなたが対応しなければいけませんよ。
点数確認、トラブルの裁定などしっかり対応してくださいね。
責任者の指示を仰いだほうが良ければ、速やかに呼んで裁定をお願いしたほうが良いでしょう。

  • プロフィール

    ◆taroo(たろー)

    雀荘検索「麻雀王国」やニュースサイト「麻雀ウォッチ」で麻雀界の情報を発信しています。こちらはtarooの個人ブログで、麻雀界や天鳳についてあれこれ書いています。

    ■このサイトについて
    ■お問い合わせ

    profile20121227.jpg
  • 麻雀ニュース

    麻雀専門ニュース

    麻雀ウォッチ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2006年11月
    « 10月   12月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • リンク

  • 麻雀荘メンバーマニュアル完売!!


    おかげさまで完売しました!!
    ありがとうございました!!
  • 「麻雀 10倍勝てるテクニック」で紹介されました


    福地誠さんの「麻雀 10倍勝てるテクニック」の中で「特別収録」として本ブログの記事が紹介されました。
  • [PR]