お客様にわかりやすいサービスを




どんなに素晴らしいサービスでもお客様が理解していなければ意味がありません。
お客様に内容が伝わっていなければ意味がありません。

「〇〇をするとゲーム代無料」とか「メンバーズカード終了によるキャッシュバック」といったお客様に還元するサービスはどの雀荘でも行われていますね。
でもこれらのサービスがお客様に伝わっていない場合があります。
「カードが終わるとどうなるんですか?」
「そんなサービスあったの?」
常連のお客様でさえ知らなかったりします。
まさか、
お店が損をするから、お客様に聞かれるまでは教えない
なんてわけではあるまい。
お客様が知らないのは伝え方がよくないんじゃないですか?
例えば、サービスの内容を紙に書いて壁に貼る。
これは受身の宣伝です。
壁のチラシをお客様が見てくれるとは限らないわけです。
だってお客様って麻雀を打ちに来ているんだから、基本的に卓上しか見ないでしょ?
キョロキョロしているのはよっぽど常連のお客様か「同業者(笑)」
だったらこちらからアクションを起こせばいい。
コミュニケーションを図るのです。
例えば〇〇〇とか〇〇とかを使ってね(内緒♪)
ちょっと考えればいろいろと考え付くと思います。
お客様が必ず目にするような、サービス内容を知ることができるような宣伝方法を考えてください。
お店のシステム、ルールにおいても同様のことが言えます
その料金システムをお客様は理解していますか?
その一般的でないルールを採用して、お客様は混乱しませんか?
(まあ、個性を出すのもいいかもしれませんが・・・)
メンバーが理解できていないシステム、ルールは、当然のようにお客様は理解できません。
先のソフトバンクの番号継続制(MNP)における料金システムの問題。
あの複雑なシステムを何人のユーザーが理解できるでしょうか?
条件がいっぱい付いていて、なんだか良くわからないですよね。
結局いろんなところから批判を受けました。
ですから、あなたの店のシステム、ルールもお客様に理解できるものでないといけません。
そしてそれをわかりやすくお客様に伝えなくてはいけません。

また、せっかく素晴らしいイベントを開催しているのに、お客様はイベント中なのを全然知らなかった。
なんてことは結構ありますよね。
イベントの効果が上がらないのは、お客様がイベントについて知らないからじゃないですか?
あなたが受身になっているからお客様は気づかないのです。
お客様が気が付くのを待っていては駄目です。
もっとこちらからコミュニケーションをとっていきましょう!
あなたが受身のままでは「好きな人」にあなたの気持ちは気づいてもらえませんよ。
いやー、勉強になりますな(笑)

この記事と関連性が高い記事

コメントを残す

CAPTCHA


  • プロフィール

    ◆taroo(たろー)

    雀荘検索「麻雀王国」やニュースサイト「麻雀ウォッチ」で麻雀界の情報を発信しています。こちらはtarooの個人ブログで、麻雀界や天鳳についてあれこれ書いています。

    ■このサイトについて
    ■お問い合わせ

    profile20121227.jpg
  • 麻雀ニュース

    麻雀専門ニュース

    麻雀ウォッチ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2006年11月
    « 10月   12月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • リンク

  • 麻雀荘メンバーマニュアル完売!!


    おかげさまで完売しました!!
    ありがとうございました!!
  • 「麻雀 10倍勝てるテクニック」で紹介されました


    福地誠さんの「麻雀 10倍勝てるテクニック」の中で「特別収録」として本ブログの記事が紹介されました。
  • [PR]