ラス半コール




フリー雀荘に遊びに行って、あなたにとって最後の半荘を「ラス半」といいます。
ラス半コール」とはラス半であることを店側に伝えること。
「この半荘でラス半で」
のように伝えます。
これがあると店は卓組みがやりやすいのです。
ちなみにフリー専用です。
この前セットのお客様にラス半コールを言われました。
その時は笑顔で「はいわかりました。」と返事しましたが(笑)
セットのお客様はラス半を言わなくてもいいんですよ。
でも満卓だとセットのラス半コールも結構ありがたいんですよね。
せっかくいらっしゃったセットのお客様を帰さずに済みますから。
このラス半コールにもマナーがあります。
ラス半コールは半荘の始まる前に言うのがマナーです。
ラス前やオーラスで言ってもあまり意味が無い。
(まぁ何も言わないよりはマシですが。)
そして、「もしラス(もしかしたらラス半)」はしないほうが良いです。
もしラスというのはお金や時間の都合であったりします。
ようするに、
4着ならお金がなくなるからやめる。
早く終わるならもう一回やる。
という理由で「もしかしたら」なのです。
これもあまりマナーがよろしくない。
不確定要素があると卓組みをしづらいのです。
お店としてははっきりさせていただきたいのです。
私はもしラスは使いません。
もし使うなら、ラス半が確定した時点でメンバーに言うべきでしょう。
もしラスを3回くらい続行して、いきなりやめられると本当に困るんですよね。
もしラスを多用する人はメンバーに嫌がられますから気をつけてくださいね。
「いつやめようが客の勝手だろ」
という意見もあるでしょう。
まぁ確かにそうですね。
じゃあラス半コールなんていらないですかね?
たしかにオンラインゲームではラス半コールは無いです。
でもそれはユーザーがいっぱいいるから。
ほとんど待つことなく、すぐに次のゲームができるのです。
雀荘だとそうもいかないのです。
流行っているお店だとお客様がばんばんくるので、突然の「ダマ欠け(ラス半コールなしでやめること)」にも対応できますけどね。
ラス半コールは円滑な卓組みもためにも必要なのです。
お客様を待たせないためであって、決して店側の一方的な都合ではないのです。
ですからみなさんラス半コールはしっかりお願いしますね(笑)
そういえばこの前お客様に「ラス半続行!」って言われました。
ラス半続行?
なんですか?(笑)
「頭痛が痛い」みたいな。
急にやめたくなったり、続行したくなる気持ちはわかるんですけどね。
でもやはりマナ悪なのです。
マナ悪度 ☆☆
マナ悪率 ☆☆☆☆☆

この記事と関連性が高い記事

“ラス半コール” への4件のフィードバック

  1. かにマジン より:

    ラス半コール大事ですねー。
    私がよく行くフリーには「もしラス」を頻繁に使うおっさんがいます。
    そして1回で終わったためしがありませんw
    トップなら当然続行。ラスでもこのままじゃ終われない、なんでしょうね、きっと。

  2. taroo より:

    >かにマジンさん
    もしラスをかけるお客様にもいろいろなタイプがいます。
    もしラスをかけても絶対に1回目ではやめないお客様。
    もしラスをかけたらほぼやめるお客様。
    常連のお客様なら大体やめ時がわかるんですけどねw
    でもやっぱりもしラスは勘弁してくださいw

  3. ゆうこりん より:

    お客様の気持ちを考えるが
    大切だと思います。
    もしラスコールには賛成です。
    お金と相談しながら打ちたいし
    次のハンちゃんでいい感じなら
    もっと続けたいし
    ラスはんしたら絶対席を立たなきゃいけないから嫌いです。

  4. taroo より:

    >ゆうこりんさん
    お客様の立場で考えると、「もしラス」を使いたい気持ちはとてもわかります。
    自分の都合だけ考えると、「もしラス」は便利なんですよね。
    やめるやめないが選択できる。
    しかし雀荘は自分だけが遊んでいるわけではないのです。
    自分の都合のせいで、他のお客様が長時間待たされることがある、ということを知っていただきたいと思います。
    (とても大事なマインド「麻雀は4人でやるゲーム」)
    以前にも書きましたが、
    「お金を払っているから何をやっても自由だ」
    なんて考えて欲しくないのです。
    自分のことだけを考えて欲しくないのです。
    強者、雀荘の事情をよく理解している人、他人のことが考えられる人ほど「もしラス」を使うことは無いでしょう。
    優柔不断な人、そして「もしラス」を多用する人に強者はいません。(これは間違いない)
    ただ、普通の人には「もしラス」があまりよろしくない、なんてわからないでしょう。
    私がブログを書いているのは、こういった雀荘の事情をオープンにすることにより、お客様の意識も高めたい、ということなのです。
    ちなみにラス半をかけたけど、もう一回やりたかったらメンバーに聞いてみましょう。
    「もう一回やっていいですか?」
    ってね。
    状況によりますが、案外受け入れてくれることもありますよ。
    むしろこちらからお願いしたいときもありますしね。
    後ほど「ラス半引止め」に関する記事も書きますからそちらもご参考ください。

コメントを残す

CAPTCHA


  • プロフィール

    ◆taroo(たろー)

    雀荘検索「麻雀王国」やニュースサイト「麻雀ウォッチ」で麻雀界の情報を発信しています。こちらはtarooの個人ブログで、麻雀界や天鳳についてあれこれ書いています。

    ■このサイトについて
    ■お問い合わせ

    profile20121227.jpg
  • 麻雀ニュース

    麻雀専門ニュース

    麻雀ウォッチ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2007年4月
    « 3月   5月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • リンク

  • 麻雀荘メンバーマニュアル完売!!


    おかげさまで完売しました!!
    ありがとうございました!!
  • 「麻雀 10倍勝てるテクニック」で紹介されました


    福地誠さんの「麻雀 10倍勝てるテクニック」の中で「特別収録」として本ブログの記事が紹介されました。
  • [PR]