わかりやすい表現


☆13.わかりやすい表現
春になると、あなたの職場にも新人が入ってきます。
新人は何もわからないので、あなたが教育係となって教えることになりました。
そこで注意したいのが、仕事を教えるときにその業界の専門用語を使わないこと
新人は何もわからないのです。
いかにわかりやすい表現で新人に理解させるかが、教える側としては大事です。
特に麻雀業界は専門用語が多いですから注意が必要ですね。
(これはブログでも記事にします。)
麻雀を教えるのも同じことが言えますね。
麻雀を深く理解している人ほど、教えるのが上手です。
わかりやすい例えを使ったり、短い言葉でまとめるのが上手いですね。
難しい言葉は頭に残りませんが、簡単な言葉はすんなり頭に入ってきます。
私はこのメルマガで戦術書をいくつか紹介してきました。
その中には、表現が難しく、初心者には理解しがたいものもあったかと思います。
そこで私がおすすめするのが片山まさゆき先生井出洋介プロです。
片山先生がすごいのは、何といっても戦術を短い言葉でわかりやすくまとめること。
これは深く麻雀を理解していないと決してできません。
現在連載中の「打姫!オバカミーコ」にはその才能がいかんなく発揮されています。
遠くて安い鳴きはタブー
現物0か1ならまっすぐ
などなど。
おすすめ本
打姫オバカミーコ
そして井出プロの戦術書もそうですね。
難しい言葉を使わないわかりやすい文章で、活字が嫌いな人でもすらすら読めます。
おすすめ本
東大式麻雀 強くなる打ち方―ネット時代にも対応 “攻め”のセオリー
東大式 麻雀に勝つ考え方―攻め・守り・状況判断の新セオリー



初級者の方には、はっきり言ってこの二人の作品だけを読めば十分じゃないかと思うほど、素晴らしいのです。
私もこの2人の影響はかなり受けています。
麻雀もそうですが、特に文章ですね。
いかに自分の考えをうまく読者に伝えられるか、ということが学べるお手本ですね。
もしあなたが教える側の立場であったなら、
小学生でもわかるようなわかりやすい表現や例えを使うことを心がけてください。
もしあなたが教わる側の立場であったなら、
難しい表現よりも、簡単な表現を使う人、本を参考にしてください。
誰にでも理解できる簡単な表現を使える人こそ、まさにプロなのです。
(井出プロはまさにプロの中のプロですね)
わたしも「プロメンバー」を自称するからには、一番に心がけていきたいことです。
わかりにくい表現があったらどんどんつっこんでくださいね(笑)

ラス半引止め

「〇〇さんもう一回お願いします!」
ラス半をかけたお客様をこんな風に続行させようとします。
なぜならそのお客様がやめると卓が割れてしまうからです。
卓が割れると
「じゃあ俺も」
といった感じで他のお客様もやめてしまうケースが多いのですね。
お店としては大打撃です。
ですから、できるだけ卓は割りたくないのです。
しかし、私はこの引きとめがあまり好きではないのですね。
というのも、お店の都合をお客様の都合より優先するのがおかしいかな、と思うのです。
お客様を無理やり引き止めて終電を逃したとか、遅刻したとか。
なんか違いませんか?
逆にもうやめて欲しいときもあるわけです。
お客様が1人お待ちで、ラス半がそこしかないときとか。
さっきまでは
「もう一回お願いします」
と言っていたのに、次の半荘には
「お客様がお待ちなのでやめてください」
このような店側の自分勝手な行動があんまり好きじゃないのです。
私はお客様に任せるスタンスです。
「もう一回いかがですか?」
くらいで聞きます。
また、あえて女の子に聞きにいかせます。
女の子に頼まれるとなんか嬉しいじゃないですか?
これは結構効果ありますね。
ラス半のお客様を引止めることは営業努力として受け入れられることもあります。
しかし無理に引き止めることは逆にお客様を不快にさせていることもありますから気をつけていただきたいものです。
(これは私も某雀荘に行ったときに経験があるのです。
私はラス半をかけていたのに勝手にメンバーが次ゲームをスタートさせたのです。
メンバーはとてもフレンドリーなつもりなのですが、こちらの都合も考えずにこのような行動をとるのはどうなのかと。
その日を最後にその店にはいってませんが)

後ろ見


対局中の人の後ろから麻雀を見ることを「後ろ見」といいます。
一般的なフリー雀荘では後ろ見は禁止されています。
セットならともかく、全然知らない人に後ろからずーっと見られていたら気持ち悪いじゃないですか?
お客様が待ち席から離れて後ろ見をするのはダメなんです。
しかし、メンバーはホールで仕事をしなければなりませんので、お客様の後ろから麻雀を見る機会も多いのです。
だからといって、お客様に張り付いて麻雀を見るのはどうなのよ。
メンバーに成りたての麻雀大好きっ子Kは、自分で打つのも大好き、人の麻雀を見るのも大好き。
お客様Aがこんな仕掛け

それを見たKは他の3人の後ろに回りこんでのありかを探ります。
こんなの対局者からしたら、えらい迷惑なわけですよ。
せめて後ろ見するならじっとしてろよ、と。
多くの人にとって、後ろから見られるのはとてもやりづらいですよね。
なんか下手くそなところは見られたくないじゃないですか?
そんなお客様が嫌がることをメンバーがやるっていうのはおかしいですよね?
じゃあメンバーの後ろ見だったらいいかって?
まぁお客様の後ろで見るよりはいいですけどね。
やっぱり強い人の後ろ見はめちゃめちゃ勉強になります。
勉強するという意味で見るんだったらまぁいいんじゃないですか?
ただボーっと見てるんじゃ意味ないですけどね。
そんな暇があったら仕事しろよ、と怒られることの方が多いでしょう(笑)
絶対に後ろ見はするなとは言いません。
見て欲しいお客様って結構います。
たまたま後ろで見ていた私に
「いやー、一発で掴んでるよ。」
とか
「もうちょっとでテンパイだったのにねぇ。」
なんて話しかけてくださいます。
こんなコミュニケーションがたまにはあってもいいと思いますけどね。
麻雀を通じたこういったコミュニケーションこそ、これからの雀荘に必要なことなんじゃないかと思います。
麻雀に真剣なのもいいですけど、やっぱり楽しいのが一番!
私はそういう楽しく麻雀を打つ雰囲気が好きなんですね。
そして儲かっている雀荘の多くが、そういう雰囲気を大事にしているのです。

  • プロフィール

    ◆taroo(たろー)

    雀荘検索「麻雀王国」やニュースサイト「麻雀ウォッチ」で麻雀界の情報を発信しています。こちらはtarooの個人ブログで、麻雀界や天鳳についてあれこれ書いています。

    ■このサイトについて
    ■お問い合わせ

    profile20121227.jpg
  • 麻雀ニュース

    麻雀専門ニュース

    麻雀ウォッチ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2007年8月
    « 7月   9月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • リンク

  • 麻雀荘メンバーマニュアル完売!!


    おかげさまで完売しました!!
    ありがとうございました!!
  • 「麻雀 10倍勝てるテクニック」で紹介されました


    福地誠さんの「麻雀 10倍勝てるテクニック」の中で「特別収録」として本ブログの記事が紹介されました。
  • [PR]