ジャンプ




出勤時間になってもアルバイトが一人現れない。
携帯も繋がらない。
もしや・・・と思い寮へ行ってみると、そこはもぬけの殻。
そういえばあいつはアウトオーバーだったなぁ。
何年も雀荘で働いているとこういうことは何度もあります。(それこそ何十人)
いわゆる「バックレ(無断退店)」です。
他にも「飛び」とか「ジャンプ」とか言いますね。
メンバーが飛ぶたびにいつも思います。
何で「やめます」のひとことが言えないのだろうか?と。
昨日まで一緒に楽しく仕事をしていたのに、何で急にいなくなってしまうのだろう?と。
確かにキツイ仕事です。
一日中働いて給料がマイナスなんてこともよくあります。
(まぁ一日単位で考えちゃいけないんですが・・・)
バックレの原因の95%はアウトでしょう。
給料が残るシステムに変えない限り、バックレはなくならないのかもしれません。
そもそもバックレが当たり前のように行われている麻雀業界ってどうなのよ?
誰かが飛んでも「またか・・・」みたいな感じで感覚が麻痺してる気がします。
「飛んでもまた補充すればいい」って考えで「なぜ飛ぶのか?」ということを考えずに、飛ぶ人間を減らすための改善をしようとしないのです。
これって他の業界もそうなのでしょうか?
飛ぶほうも飛ぶほうでさ。
いきなり飛ぶことによって迷惑を被る人がいる、ということを認識しようよ。
誰かが飛んだ人間の穴埋めで一日中働いているんだよ。
それこそ
「いやー、今日もよく働いたー。一日お疲れ様」
って時に
「ごめん。バイトが飛んだからもう片番よろしく♪」
って言われちゃうんだよ。
萎えるでしょ?
これからメンバーになる人、なりたい人へ。
メンバー業は確かに厳しい。
「楽そうだから」
とか
「麻雀打って金貰えるなんておいしい」
とか考えているようならやめておいたほうがいい。
(あんまり厳しいことばかり書くと誰もメンバーやらなくなっちゃいますね(笑)でも、慣れればこんなに面白い仕事もないですよ)
仕事が合わないのはしょうがない。
でも辞めるときはせめて前もって言おうよ。
つい昨日まで一緒に笑ってた仲間がバックれるところはホントに見たくないし、聞きたくない。
「何で?」
って思います。
悲しくってしょうがないよ。

この記事と関連性が高い記事

“ジャンプ” への14件のフィードバック

  1. あき より:

    働いていた側からすれば、何で店のために働いて、借金までさせられないといけないんだって感じだと思いますよ。やめますっていっても聞いてもらえないだろうなって思ってしまうのが、人としてはむしろ普通の感覚だと思いますよ。それにしても働いているのにお金が減るって意味わからないです。

  2. taroo より:

    >あきさん
    あらかじめ「辞めます」の一言があれば対応もできるのですね。
    ところが多くは突然いなくなります。
    どうしても辞めさせてもらえないのであれば、ハッキリ「辞めます」と言って行かなければいいと思います。
    私にはバックレが普通の感覚だとはとても思えません。
    辞める理由を一方的に待遇や人間関係のせいにする人は多いですが、そこで働くことに決めたのは誰でしょうか?
    あくまで自己責任だと思います。
    確かに初めてメンバーをやる人にとっては、お店の説明不足や認識の甘さがあるでしょう。
    そういう方のために、私のブログを通じてメンバーの仕事について理解していただけたらいいなと思っています。

  3. あき より:

    やめますといってやめさせてもらえるとは思えないのではないでしょうか。その筋の人が裏にいたり、と怖くなるのは当然ではないでしょうか。
    たとえば消費者金融などでは、やめますといったとたんに色んなことが起きるというのはよく聞きます。
    店がまったく自分のことを考えてくれないのに、わざわざ店のことを考える人は珍しいのではないでしょうか。
    働き出したというのはその人の責任ですが、雀荘での仕事をやめるというのは社会的に見ても正しい行為だとは思います。

  4. taroo より:

    >あきさん
    裏にその筋の人なんていませんよ(笑)
    消費者金融の話は知りませんが、考えすぎだと思いますよ。
    ここでの問題は辞め方であって、何も言わずにいきなりいなくなるのは反社会的であると思います。

  5. あき より:

    普通の仕事なら明らかにそうです。しかし、犯罪をしている店で、さらに本人も傷つけられているわけです。
    わざわざ辞めますといって、もしかしたら起きるかもしれないごたごたを招くより、さっといなくなる方がいいやってその人が考えたとしてもおかしくはないと思います。
    むしろ、そういう人間を生みたくないのであれば、そういう人間を生み出してしまう店側が反省するなり、店をたたむなりすればいいのではないでしょうか。やっていることは犯罪ですから。
    そもそも、雀荘で賭けるのは犯罪であると思って書いていますが、もし法律的に認められた全うな商売なのであればすみません。

  6. taroo より:

    >あきさん
    そう考える人がいてもおかしくはありませんが、それは考えすぎですし、本人のために良くないでしょう。
    そもそもそれぐらいのことでバックレてたら、この先どんな仕事についても逃げてしまうでしょう。
    もっと厳しい仕事はいくらでもありますよ。
    ただ、一人前のメンバーになれたなら、他のどんな仕事についてもやってけるよ、という人は多いですね。
    それほど厳しい仕事でもありますが、そこにやりがいを見つけて欲しいのです。
    大体すぐにバックれる人間はたいした努力もしていないケースが多い。
    ホントに麻雀強くなる努力したの?って思います。
    簡単に逃げるんじゃなくて、立ち向かって欲しいのです。
    それでもどうしても無理だっていうならしょうがないですよ。
    それと私はバックれる人間が一方的に悪いとは言ってませんし、雀荘のシステムにも問題があると思っていますよ。(むしろずっとこっちを叩いてきた気がしますがw)
    私は簡単に辞めさせてもらえないような悪質な店で働いた経験はありませんが、もしそういう店があるのならばスパッと辞めたほうが良いと思います。(でもバックレはダメ)
    違法うんぬんの話はテーマが違いますのでここでは触れませんが、
    雀荘の営業許可を警察署に申請しなければならない時点で犯罪とはいえないのではないか、と私は思うのですが。

  7. ぼえ より:

    はじめまして。
    本件、せめて本走のゲーム代くらいは店が負担してあげる
    システムが普及して然るべきだと思っています。
    (無論、「勝ち負け」はメンバー負担で問題ありません。)
    慣れている人には当然の事と思えても、
    初めてメンバーやる人間は、仕事で打ってるのに何故?
    という疑念が必ずあるハズ。
    そもそも従業員がゲーム代を負担するなんて馬鹿げた話があるから、
    本走をする度にゲーム代負けが嵩み、
    アウトが膨らんでいくわけですよね?
    店によっては、正社員はフルバック、
    バイトは全額負担なんて所もあると聞きます。
    弱者から搾取しているとしか思えません。
    仕事は仕事。
    その仕事である本走のゲーム代は「経費」として店が負担する。
    他業界ならば当然の事が、麻雀界では行なわれていないから、
    ひいてはこういう事態に発展するのだと思います。

  8. taroo より:

    >ぼえさん
    はじめまして。
    おっしゃる通りだと思います。
    その代わり、多くのメンバーにとって、雀力、マナー、接客などに求められる水準が高くなるでしょう。
    いっそうの努力が必要でしょうね。

  9. あき より:

    そもそもバイトをしようという人が、麻雀が強くないと給料がマイナスになると思ってやるのでしょうか?お金のためにやるものでしょう。(お金があって麻雀ができればいいという人は別ですが)
    生活がかかっているのに、働いてお金を取られて、麻雀なんか強くなる努力をしている場合ではないでしょう。全うな仕事を見つけるのが先ではないでしょうか。
    裏にその筋の人がいないというのは長年働いているtarooさんだから言えるのではないでしょうか。それを周知の事実のように考えるのはおかしいでしょう。まあ、そんなところで働き出した人が悪いのですが。
    あと、人が努力をしていないと決め付ける権利はtarooさんにはないはずです。
    麻雀が強くなるようにするノットイコール努力です。
    雀荘で働く人間はまったく努力をしていない。ふざけて生きていてえらそうに言うな、といっているようなものです。
    そもそも、なぜわざわざ書き込んでいるのかわからなくなってきましたが、多分最初は、やめる側をせめるよりも、もっと理解を示してあげたら?って思ったからで、tarooさんが亀だの親父に殴られる可能性を感じたとしても、バックレは絶対にだめだというのなら、それはそれでありな考え方だと思います。

  10. taroo より:

    >あきさん
    はじめのほうに書いていますが、お金に余裕が無い人はやるべき仕事ではないと思っていますよ。
    よっぽど麻雀に自信があれば別ですが。
    ちなみに私が初めてメンバーになった大学生のときは、お金どうこうよりも麻雀を勉強するために働いていました。
    麻雀が強くなりたかったので。
    貯金はありませんでしたがwメンバー以外にバイトもしていましたし、麻雀で負けても生活に影響はありませんでした。
    まぁ運よくそんなに負けることは無かったですが。
    これも最初に書きましたけど、経験のない人間がいきなりメンバーを収入の柱にするのは危険なのでやめておきましょう。
    また、給料が減らないために麻雀が強くなる努力をするのであって、努力しないから生活が苦しくなるんですよ。
    とはいえすぐに努力が結果に結びつくものでもないので、全うな仕事が良いのならそちらを選べばよいでしょう。
    また、すべての人間が努力していないなんて言ってませんよ。バックれる人間は努力していないケースが多いと上で書きました。
    それでいて辞めた責任をすべて店に押し付ける場合があるのですね。
    「あんな店(待遇)ではやってられない」と。
    「いや、その前にお前は努力したのかよ?
    条件を聞いて、納得して、お前が働くことに決めたんだろ?
    確かに待遇は最悪だよ。
    でも全部店に責任を押し付けるのは間違ってるよ!」
    と私は言いたいのです。
    それと何の努力もなしに強くなることなんてありえませんから。
    私がいくらバックレがだめだと言ったところで何の影響もないでしょうが、この文章を読んで少しは考えてくれたらいいなと思います。

  11. ポンちゃん より:

    ちょっと趣旨が違うかも知れませんが・・・
    何も知らずに入ってきた新人クンがいます。
    先輩達の会話の中で、よく「バックれた」先輩の話を聞かされます。
    あまりにも日常茶飯事なので先輩達は「バックれ」を珍しいものとは思ってません。
    そのうち、「おまえはバックれるんじゃないぞ!」まで言われます。
    何も知らない新人クンも、「そっか、辞めるときはバックれればいいのか・・・」となるわけで。
    こうして、また一人、有望な新人がこっそりと去っていくのでした・・・
    いっそのこと、禁句にしちゃえばいかがでしょ??

  12. taroo より:

    >ポンちゃんさん
    書かないほうが良いこと、言わないほうが良いことはたくさんありますね。
    たとえば雀荘の重要な問題として従業員の不正があるんですが、私は触れていません。
    たぬの銀玉親方は近代麻雀のコラムで結構書いてますね。
    あえて書くことによって注意を喚起するのか、臭い物にはふたをするのか。
    難しい問題です。

  13. 新米メンバー より:

    私が今勤めている店はおかしいと思っています。
    もともと朝12時から夜8時までの約束なのに、いつの間にか10時に退社する約束に・・この時点で約束破ってるくせに10時以降客が増えたからってさらに延長・・・やっと帰れると思ったら、バスがない。さらに延長。麻雀の実力うんぬんでなく、そんな長時間本走入ったらまずマイナスになるでしょ?しかも腹の立つことに、うちの店はピンとテンゴが立っていて、経営者はテンゴに入って、俺らバイトにピンを任せるわけ。過去にとんだメンバーがいるのは聞いたけど、これは経営者にも問題がある。いくら卓を多く立てたいという理由があるにしろ、これはやりすぎだ。せめてあんたがピンに入れと。
    要するに、
    「トンだメンバーにも責任があるが、トブような環境を作った経営者も悪い。」

  14. taroo より:

    >新人メンバーさん
    確かにその待遇は厳しいですね。
    お互いに問題があるということですね。

コメントを残す

CAPTCHA


  • プロフィール

    ◆taroo(たろー)

    雀荘検索「麻雀王国」やニュースサイト「麻雀ウォッチ」で麻雀界の情報を発信しています。こちらはtarooの個人ブログで、麻雀界や天鳳についてあれこれ書いています。

    ■このサイトについて
    ■お問い合わせ

    profile20121227.jpg
  • 麻雀ニュース

    麻雀専門ニュース

    麻雀ウォッチ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2007年12月
    « 11月   1月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • リンク

  • 麻雀荘メンバーマニュアル完売!!


    おかげさまで完売しました!!
    ありがとうございました!!
  • 「麻雀 10倍勝てるテクニック」で紹介されました


    福地誠さんの「麻雀 10倍勝てるテクニック」の中で「特別収録」として本ブログの記事が紹介されました。
  • [PR]