鳴く時は打牌より先にさらす





鳴き(チー・ポン)の正しい手順
1:発声する
2:手牌の二枚を表に向ける
3:捨牌する
4:河から牌を持ってきて卓の右側にセットする
3と4は逆でも構いませんが、フリーでは上の手順が一般的ですね。
本当に正しいのは1→2→4→3の順番でしょうが、私はおすすめしません。
前者よりスピードで劣るのと、プロっぽい動きなので(笑)
で、問題なのはこれじゃなくてですね。
1→3→2→4
の順番で鳴く人が結構いるんですね。
これは駄目です。
なぜ駄目なのかというと、ズルができるんですね。
例えば

こんな手牌で上家からがでました。
これをチーして打
しかしさらすより先に打牌しました。
そして下家がをツモ切り。
これに対してロン。
ここではじめてをさらします。
そしてでテンパイだというのです。
仮にで鳴いていたとしたら、待ちはなのでではロンできないんですね。
下家の打牌の後でさらすことによって、での出アガりを可能にしたわけです。
まさに外道
っていうのが打牌より先にさらす理由なんですが、今の時代こんな悪党はそうそういません(笑)
そもそもどのようにさらすか確認しない下家も悪いですね。
メンバーはこのような人が上家にいる場合、必ずどのように鳴くか確認してからツモります。
これによって、さらし間違いを防ぐことができます。
さらし間違いとは、例えば

でをチーしたのはいいがとさらすところをとさらしてしまうことですね。
そんなことするやついるか?と思う方もいらっしゃるでしょうが、こんだけメンバーやってると結構いるもんです。(私はしたことないけど)
長時間やってて疲れてたりするとあるようですね。
さらし間違いをする人に限って、先に打牌して後でさらすもんだから困るのですね。
というのも一般的に打牌した牌は変えることができません。
そして、さらし間違いに気づいたときにはたいてい下家がツモってしまっているので、修正することができず、まずアガり放棄になってしまいます。
さらした後で打牌してくれれば、さらした瞬間に気づくので、メンバーとしても注意できるんですけどね。
雀荘によっては、これがマナーとして義務付けられています。
しかし先に打牌するのが癖になっているようで、なかなか直らない人が多いですね。
これは直したほうがいいですよ。

この記事と関連性が高い記事

“鳴く時は打牌より先にさらす” への2件のフィードバック

  1. WM より:

    「さらし方を確認してから、場合によってはポンしたいような時」に1324氏の下家さんが先にツモったらどうすればいいんでしょう?
    (かなりレアなケースとは思いますが…)

  2. taroo より:

    >WMさん
    多少遅ポンになりますけど、ポンしてもいいんじゃないでしょうか。
    悪いのは1324氏なので。

コメントを残す

CAPTCHA


  • プロフィール

    ◆taroo(たろー)

    雀荘検索「麻雀王国」やニュースサイト「麻雀ウォッチ」で麻雀界の情報を発信しています。こちらはtarooの個人ブログで、麻雀界や天鳳についてあれこれ書いています。

    ■このサイトについて
    ■お問い合わせ

    profile20121227.jpg
  • 麻雀ニュース

    麻雀専門ニュース

    麻雀ウォッチ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2008年1月
    « 12月   2月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • リンク

  • 麻雀荘メンバーマニュアル完売!!


    おかげさまで完売しました!!
    ありがとうございました!!
  • 「麻雀 10倍勝てるテクニック」で紹介されました


    福地誠さんの「麻雀 10倍勝てるテクニック」の中で「特別収録」として本ブログの記事が紹介されました。
  • [PR]