4つの戦略(4):形式テンパイの精度を上げる




八段くらいまでは押し引きにメリハリをつけて、オリるときはしっかりベタオリ、というのが安定はすると思います。
ただそれだけでは九段、十段など上位で安定するのは難しく、致命的な放銃を避けつつテンパイ料での収入や相手の攻めをかわしたアガリなどの細かい技術が必要になってくるでしょう。

私も昔はそこまで深くは考えて無かったんですよ。
このあたりは高段者は本当にうまいので、観戦して見ると良いと思います。


★4 形式テンパイの精度を上げる

私は形式テンパイには2種類あると考えています。

・攻めの形式テンパイ ・・・テンパイ料狙いで役無しでも積極的に仕掛ける。ブラフ仕掛けであわよくばのテンパイ狙いもその一つ。
・受けの形式テンパイ ・・・リーチや、ドラポンなどの明らかに高い仕掛けを受けて、危険牌を切らないようにあわよくばアガリやテンパイ料を狙う。


今回説明するのは受けの形式テンパイですね。
攻めの形式テンパイは、局数の少ない鳳東では重要な戦略になってくるかもしれませんが、鳳南ではあまり活用する機会がなかったです。


天鳳では放銃が大きな罪なので、先行された場合に押し返すことが少ないです。
前回の戦略のように、こちらがすでにテンパイしていれば別ですが、イーシャンテンではよほどの手牌や状況でない限り押しません。

さらにいえば、相手が3人もいて、それぞれの攻めに対応するということは、それだけこの戦略を利用する機会が多いということです。
この戦略が重要であることがわかるかと思います。

テンパイ料の獲得が目的とはいえ、わずかでもアガリが見込める場合はもちろんそれを目指します。
もちろん致命的な放銃は避けますが、重要な局面では、スジやワンチャンスなどでギリギリまで行くケースもあります。
受けに回った後、アガリ切れればもちろん勝ち、テンパイ流局でも相手がリーチ棒を出している分、わずかに勝ちなのですね。


■具体例

・その1



オーラスを2着目で迎えました。
対面から出れば同点トップですが、だいたい2着狙いの仕掛けです。
親はドラ色のソーズの一色で満貫ありそうなので、ソーズと字牌は絶対に打てません。
ただ、2人テンパイで30000点を超えるので、ちょっと頑張りたいところです。

そこに引いてきた025_p_ss7_1.gif
020_p_ss2_1.gif021_p_ss3_1.gifも落とせませんので、012_p_ps3_1.gifを切ります。
025_p_ss7_1.gifは誰かが切らない限り捨てられない牌ですので、単騎待ちになるか横に伸ばすかで使うことを想定します。
ギリギリまでアガリを狙うので、ここでは034_p_ji_c_1.gifは切りません。



015_p_ps6_1.gifをツモってきたのですが、これは頭候補として切らずにまずは004_p_ms4_1.gifを切ります。

025_p_ss7_1.gifにくっついた場合には016_p_ps7_1.gif017_p_ps8_1.gifを落として、ソーズで2メンツ作ります。



生牌の033_p_ji_h_1.gifはさすがに切れないので、015_p_ps6_1.gifを切ります。




再びテンパイしましたが、021_p_ss3_1.gifは切れません。
しかし、直前に親が033_p_ji_h_1.gifを切ったため、ここでは033_p_ji_h_1.gifを合わせ打たないで、ピンズを落とします。
これは他家が止めていた033_p_ji_h_1.gifを切る可能性があるからですね。
015_p_ps6_1.gif016_p_ps7_1.gifが他家に危険牌な場合は033_p_ji_h_1.gifを切ります。



狙い通り対面から033_p_ji_h_1.gifが出て、危険牌を切ることなくテンパイを取ることができました。



ここで大事なのは、絶対に無理しないことです。
今回は必ずしもテンパイしなければいけない状況ではないですからね。
ソーズと字牌を切らないようにメンツ構成を考えます。
字牌は重ねるしかないので、単騎待ちで使い切ることを想定します。


牌譜スマホ用牌譜


・その2

次は深追いして失敗した例を挙げます。



ラス目の下家からリーチです。
南2局でトップ目ですし、ここは無理する局面ではないでしょう。



テンパイしましたが、ラス目のリーチの一発目にソーズは切りたくありませんので、安全度の高い009_p_ms9_1.gifを切って一旦回ります。
021_p_ss3_1.gifにくっつけばリャンペーコーも見えますね。




比較的安全そうなスジ、ワンチャンスを切ってイーシャンテンを維持していきます。
そして粘った甲斐あって終盤にテンパイ復活。
ここもスジの017_p_ps8_1.gifを切ってテンパイを取ります。




次巡に022_p_ss4_1.gifを引いてこちらも中筋で押してみましたが、あえなく御用となりました。




無筋は切らないのですが、ぎりぎりまでテンパイ狙いで行くとこういう放銃が出てきます。
この場面はそれほど無理してテンパイを取る必要性もなかったので悪い放銃でしたが、トータルで考えるとこれくらいの粘りは見せた方がいいのかなと。
そして何よりもこういう粘りを見せると、対戦相手も嫌でしょw?
リーチをかけた相手が一番楽なのは、全員がベタオリしてくれることですからね。

牌譜スマホ用牌譜


なお、同じ半荘の南4局では5巡目リーチを受けてうまくフリテンのカン017_p_ps8_1.gifをツモってリーチ棒込みでぴったりトップを取れましたw





以前天鳳位とのデータを比較したときに、もっとも差があったと思われる「流局時聴牌率」
こうして頑張って上げていきました。



少しずつ改善されてきたように思えますが、まだまだ天鳳位との差は大きく、さらに精度を上げていこうと思っています。


——————————–

以上、私が十段を目指すにあたって心掛けた4つの戦略をお届けしました。
今回ざっくりと4つ採り上げましたが、他にも細かい工夫をしたところはあります。
ブログでは引き続き実戦譜からネタを取り上げていこうと思っていますので、今後ともよろしくお願いします!!

1月は天鳳をお休みしましたが2月から頑張ります!!
まずは勘をを取り戻さないと・・・

この記事と関連性が高い記事

コメントを残す

CAPTCHA


  • プロフィール

    ◆taroo(たろー)

    雀荘検索「麻雀王国」やニュースサイト「麻雀ウォッチ」で麻雀界の情報を発信しています。こちらはtarooの個人ブログで、麻雀界や天鳳についてあれこれ書いています。

    ■このサイトについて
    ■お問い合わせ

    profile20121227.jpg
  • 麻雀ニュース

    麻雀専門ニュース

    麻雀ウォッチ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2013年2月
    « 1月   3月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • リンク

  • 麻雀荘メンバーマニュアル完売!!


    おかげさまで完売しました!!
    ありがとうございました!!
  • 「麻雀 10倍勝てるテクニック」で紹介されました


    福地誠さんの「麻雀 10倍勝てるテクニック」の中で「特別収録」として本ブログの記事が紹介されました。
  • [PR]