点差管理(4)






南3局で20000点持ちの3着目です。
供託に1000点と1本場ありますので、アガッて2着目でオーラスを迎えたいところです。




対面の027_p_ss9_1.gifをポンして早々とテンパイ。
現状1300点ですが、トイトイへの変化もあります。



すぐに対面から022_p_ss4_1.gifが出てロン。




そして迎えたオーラスが100点差で3着のままです。


このとき「あ、もしかしてこの状況はちょっとまずいかな。」と思ったのです。
状況を整理すると、親がトップ目で満貫を放銃しなければOKです。無理してアガりにいく局面でもありません。
つまり、オーラスはこの1局勝負となります。

仮にラス目からリーチが来た場合、親は確実にオリます。
そして、私と100点差で2着の下家は、ラス目に逆転手をツモられても3着。
放銃するとラスなので、まずオリるでしょう。

ラス目と5300点差の3着目の私は、もちろん放銃するわけにはいかないので、だいたいオリることになるのですが、もうツモられないことを祈ることしかできないのですね。
これはとても心臓に悪い。

ということは、ラス前のアガリに少し工夫が必要で、5巡目であれば一回スルーして、ツモか下家or上家の直撃狙いの方が良かったかなと。


仮にツモだった場合、オーラスの点棒状況は
対面:38500
上家:16800
私:22800
下家:21900

下家から直撃だった場合、オーラスの点棒状況は
対面:39000
上家:17300
私:22600
下家:21100

上家から直撃だった場合、オーラスの点棒状況は
対面:39000
上家:15700
私:22600
下家:22700

もちろん必ずしもアガれるとは限らないのですが、019_p_ss1_1.gif022_p_ss4_1.gifという待ちの強さと巡目を考えると、見逃しの選択はあったかと思います。




さて、実戦では読み通り?にラス目からリーチが入ります。
こうなると下家も対面もベタオリとなり、私はツモられないのを祈るのみとなりました。




結局手詰まりの対面からアガッて、裏ドラが乗って満貫。
なんと西入になり、結局私がラスとなりました。


■今回の牌譜はこちら

この記事と関連性が高い記事

コメントを残す

CAPTCHA


  • プロフィール

    ◆taroo(たろー)

    雀荘検索「麻雀王国」やニュースサイト「麻雀ウォッチ」で麻雀界の情報を発信しています。こちらはtarooの個人ブログで、麻雀界や天鳳についてあれこれ書いています。

    ■このサイトについて
    ■お問い合わせ

    profile20121227.jpg
  • 麻雀ニュース

    麻雀専門ニュース

    麻雀ウォッチ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2013年12月
    « 11月   1月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • リンク

  • 麻雀荘メンバーマニュアル完売!!


    おかげさまで完売しました!!
    ありがとうございました!!
  • 「麻雀 10倍勝てるテクニック」で紹介されました


    福地誠さんの「麻雀 10倍勝てるテクニック」の中で「特別収録」として本ブログの記事が紹介されました。
  • [PR]