荒らしと安定行動




年も明けて早一ヶ月。
今年初ブログです。今年もよろしくお願いします。

以前からブログでたびたび書いてますが、私は格闘ゲーム(主にストリートファイターシリーズ)が好きで、ニコニコ動画などで楽しく見ています。
自分でプレイするより動画視聴を楽しむ、いわゆる「動画勢」というやつですね。

動画を見ていると、たびたび麻雀との共通点を見いだせてとても面白いのです!

格闘ゲームで有名なウメハラさんやボンちゃん、こくじんさんといった方々は麻雀も好きで、ニコ生の麻雀番組にも出演したことがありますね。
1月31日には、滝沢和典プロとボンちゃんのトーク番組も放送されますよ。




ここでは格闘ゲームを見ていて考え方として参考になったことを紹介していこうと思います。
今回は「荒らし」と「安定行動」についてです。
なお、前述の通り私はにわか動画勢なので、格闘ゲーム用語について精通しているわけではないことをご了承ください。


「荒らし」
定石を無視した立ち回りで、相手のペースを乱し、優位に立とうとするスタイルのこと。
成功すれば、自分よりも格上の相手やキャラクターの相性・性能差などを無視して戦うことができるが、当然普段よりも大きなリスクを負う必要があることが多い。
出典:格ゲー用語辞典

つまりハイリスクでリターンを狙うのが「荒らし」、逆にローリスクでリターンを狙うのが「安定行動」です。


たとえば、天鳳において、トップ目であれば、リスクが少ない「安定行動」を取ることが多いです。
安全牌を持ったり、ダマテンに構えたり、ベタオリしたりなどですね。

逆にラス目になった時は、相手にかなり厳しく打たれますので、「安定行動」を取っても挽回することは難しい。
そういった時には「荒らす」ことで、相手のペースを乱して、無理矢理局面を優位にします。

具体例を挙げてみます。

南2局で3着の親と300点差のラス目です。
そこに親リーチが飛んできました。



これで瞬間的には3着に浮上したものの、こちらはまだイーシャンテンでかなり厳しい状況です。



テンパイしましたが345の三色にならない安目のツモ。
008_p_ms8_1.gifは現物ですが・・・




ここで思い切って通っていない005_p_ms5_1.gifを切ってのリーチ!
共通安全牌に困った他家からの出アガリ狙いですね。

今回のテーマに当てはめると、
安全にテンパイを取ってリスクを排除する008_p_ms8_1.gif切りダマ(もしくはリーチ)が「安定行動」。
無理矢理局面をねじ曲げて(1件リーチを2件リーチにする)、ハイリスク(危険牌の005_p_ms5_1.gifを切る・リーチをする)でリターンを狙う005_p_ms5_1.gif切りリーチが「荒らし」ということになります。




狙い通り002_p_ms2_1.gifを対面からアガリました。
値段は1300ですが、非常に大きいアガリですね。
結局この点差をキープして3着で終了しました。

親リーチなので、流局を願って次の局で勝負しよう!親番も残ってるし!
という考え方もありますが、ここは勝負してもいいかな!という気合いですね。
安定行動を取ってもジリ貧になると思うなら、勝負してもいいかなと思います。

牌譜はこちら


もう一つ例を挙げてみます。

東1局に満貫を放銃した後、先制リーチを受けてこの形。



チートイツドラ2のテンパイですが、どちらの待ちにするか。




ここは思い切って038_p_ss5_1_red.gif切ってのリーチ!

待ちとしても打点としても038_p_ss5_1_red.gif待ちの方がよさそうですが、なぜ016_p_ps7_1.gif待ちにしたのか。

というのも実は注目すべきはリーチ者だけではなく、下家の親の仕掛けもなんですね。



下家の親はリーチに対して一発目で022_p_ss4_1.gif、次にドラの001_p_ms1_1.gifを切っています。これはまずテンパイですね。
役はダブ東含みのチャンタ系でしょうか。

というわけで、016_p_ps7_1.gifは下家にもかなり危ない牌の一つで、ダブロンの可能性もある超危険牌なわけです。
さすがにこれを切るのはちょっと無謀かなと、しかも038_p_ss5_1_red.gif待ちがそんなに自信があるかというとそうでもない。

ただ、自分は8000点のビハインドがあり、チートイツドラ2の勝負手。
オリるのもしのびない。
しかし、1対2(正確には1対1対1)にチートイツという待ちの少なさで勝負するのはどうだろうか?
それならリーチをかけて下家をオロして、上家と1対1のめくり合いにしちゃえ!

というわけで、局面を「荒らす」038_p_ss5_1_red.gif切りリーチを選択したのでした。




なお実際には下家は純チャン三色ドラ1の親満テンパイでした。
016_p_ps7_1.gif待ちなのはたまたまですが、036_p_ms5_1_red.gifを引いてオリてくれるところは狙い通り。





上家から016_p_ps7_1.gifが出たのはたまたまで、山読みというわけではありません。
ただ、下家もめくり合いに参加していたらどうなっていたかわからないでしょう。

「荒らす」ことで下家の親を無理矢理オロすことに成功し、かつ上家とのめくり合いに勝つという、まぁバカヅキと言えばそうなのですが、ビハインドを背負ったときはある程度リスクを背負って勝負したいですね。

牌譜はこちら


これらは一例ですが、常に安定行動だけで勝つことは不可能ですので、どこかでこれらのような勝負をする必要があります。
今回はうまくいった例を紹介しましたが、もちろん失敗することもたくさんあります。
それでも、安定行動を取り続けるよりは、この様な荒らしを織り交ぜて、相手の読みも外しながら戦っていくのが良いのでは無いかと思っています。

この記事と関連性が高い記事

コメントを残す

CAPTCHA


  • プロフィール

    ◆taroo(たろー)

    雀荘検索「麻雀王国」やニュースサイト「麻雀ウォッチ」で麻雀界の情報を発信しています。こちらはtarooの個人ブログで、麻雀界や天鳳についてあれこれ書いています。

    ■このサイトについて
    ■お問い合わせ

    profile20121227.jpg
  • 麻雀ニュース

    麻雀専門ニュース

    麻雀ウォッチ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2014年1月
    « 12月   2月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • リンク

  • 麻雀荘メンバーマニュアル完売!!


    おかげさまで完売しました!!
    ありがとうございました!!
  • 「麻雀 10倍勝てるテクニック」で紹介されました


    福地誠さんの「麻雀 10倍勝てるテクニック」の中で「特別収録」として本ブログの記事が紹介されました。
  • [PR]