ワンデートーナメント




リアトラ4の13日のイベントでは、その日のうちに勝者を決めるワンデートーナメントを行います。

予選4回戦+準決勝(上位16名)or順位決定戦+決勝

この形式は、RMUのスプリントカップを参考にしています。


RMUのスプリントカップは年間8回のワンデートーナメントを開催し、順位に応じてポイントを付与します。

■トライアル付与ポイント
優勝・・・10P
2位・・・7P
3位・・・6P
4位・・・5P
ベスト8・・・3P
ベスト16・・・2P

合計ポイントの上位12名がスプリントファイナルに進出し、年間のチャンピオンを決めるわけですね。
この仕組みが好評でスプリントの出場者は年々増え、いまでは2会場で開催することも増えてきたそうです。(今年は4回開催で毎回70~110名の参加)


リアル麻雀では時間や地理的な制限を受けるので、長期成績を競うのはかなり難しいです。
そういった意味で、複数の日程を確保する必要があるリーグ戦より、自分の都合の良い日程に出場すれば良いワンデートーナメントは良い仕組みのように思います。
さらに1年間の獲得ポイントを競うシステムは、一回一回のトーナメントの勝数を競うより、実力が反映されやすいシステムといえるでしょう。
また、順位ごとにポイント差をつけているので、いわゆる目無し問題が発生しにくいでしょうか。


大会後の感想をいえば、参加人数も増えてきたので、もう少し下位までポイントが入るように細かいポイント配分にした方が、モチベーションが上がるような気がします。
のべ300人が参加していますが、ポイントを獲得できているのが55人だけなので。


で、リアトラですが、どう使うかは決まっていないんですが、13日の大会の結果に応じてポイントを付与してみようかなと考えています。

たとえば、今後定期的にオフライン(リアル麻雀)のトーナメントを開催していくとか?
たとえば、オンライン(天鳳)のトーナメントも開催して、合計ポイントを競っていくとか?

もしかしたら今回のポイントは使わずに破棄されてしまうかもしれませんが、ちょっくらやってみましょうかね。

この記事と関連性が高い記事

コメントを残す

CAPTCHA


  • プロフィール

    ◆taroo(たろー)

    雀荘検索「麻雀王国」やニュースサイト「麻雀ウォッチ」で麻雀界の情報を発信しています。こちらはtarooの個人ブログで、麻雀界や天鳳についてあれこれ書いています。

    ■このサイトについて
    ■お問い合わせ

    profile20121227.jpg
  • 麻雀ニュース

    麻雀専門ニュース

    麻雀ウォッチ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2014年9月
    « 7月   10月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • リンク

  • 麻雀荘メンバーマニュアル完売!!


    おかげさまで完売しました!!
    ありがとうございました!!
  • 「麻雀 10倍勝てるテクニック」で紹介されました


    福地誠さんの「麻雀 10倍勝てるテクニック」の中で「特別収録」として本ブログの記事が紹介されました。
  • [PR]