麻雀人口と市場規模 ~レジャー白書2014より




3年前に「麻雀人口と市場規模」という記事を書きました。おかげさまで他のブログやサイトに引用されることが多いのですが、古いデータなので最新のデータを調べてみました。


◆表1:余暇活動の参加人口の推移 (ハ)娯楽部門

2001200220032004200520062007200820092010201120122013
麻雀98010608807607607107507401,3501,240960760650
将棋1,0309109008407107706606901,2701,200830850670
囲碁450480420450350360240250640610380400280
パチンコ1,9302,1701,7401,7901,7101,6601,4501,5801,7201,67012601110970
ゲームセンター2,1602,4502,4002,4602,2702,2602,2002,2702,9003,000191018601540
※単位:万人
※2009年より、調査手法を訪問留置法からインターネット調査に移行した。

◆表2:余暇市場の推移 -娯楽分門-
20032004200520062007200820092010201120122013
麻雀1,1309609009401,030960950640560580560
パチンコ296,340294,860287,490274,550229,800217,160210,650193,800188,960190,660188,180
ゲーセン5,8705,9606,2606,5806,7805,9505,1504,7604,6604,6004,430
ゲーム4,4604,3604,9706,8007,1106,5805,6205,3205,0204,8704,430
※単位:億円
※一番右は前年度との比較
※正確な表記は上から「麻雀ゲーム料」、「パチンコ(貸玉料)」、「ゲームセンター・ゲームコーナー」、「テレビゲーム・ゲームソフト」
※市場規模の推計値であり、各種資料や独自調査に基づいて推計している。

出典:「レジャー白書2014」


2009年から調査手法を訪問留置法からインターネット調査に移行した影響で、1350万人まで増えた麻雀の人口ですが、最新の数字では650万人となっています。
2011年から他の娯楽も軒並み減少していますが、東日本大震災の影響なのでしょうか?
それとも、スマートフォンの普及により、ソーシャルゲームに流れてしまったのでしょうか?


全国の雀荘の数は?


どちらにせよ、麻雀業界の景気が良くないのは間違いないわけで、雀荘の数はどんどん減っていっているように思います。
私は雀荘検索サイトを運営していますが、実は全国の雀荘の数を正確に把握できていません。これは麻雀組合に関しても同様ですので、多分誰もわからないです。


キャプチャ

出典:警察庁生活安全局保安課「平成25年中における風俗関係事犯の取締状況等について


こちらは警察庁発表の「最近5年間におけるぱちんこ等営業(7号営業)の営業所数(許可数)の推移」です。平成25年で10,882店があることになってますが、これには廃業届を出していない店舗も含まれているため、実数はもっと少ないと考えられます。看板は出していても、実際は営業していないようなお店がたくさんあるのですね。

これは感覚値ですが、5000~6000店が実際に営業しているお店かなぁと。
現在、麻雀王国のカウンターでは5769店となっていますが、ユーザーからの報告や直接電話することで営業の確認を進めています。こういった情報をまとめるのも麻雀王国のミッションの一つですので、もしまだ登録が無い雀荘やすでに閉店している雀荘がありましたら、ご報告いただけると幸いです。

・閉店の場合・・・麻雀王国の各店舗情報の中段に「閉店・休業・移転・情報違い報告」というボタンがありますのでそちらからお願いします。
・未登録の場合・・・雀荘登録のページからお願いします。


「観るゲーム」としての麻雀


レジャー白書2014にあったボウリングの記事が興味深かったので引用します。

●老朽ボウリング場の閉鎖続く

 ボウリング場の売上げは、長年続く縮小傾向に歯止めがかからず、前年比4.0%減少した。閉店数は大きく減っているが、施設の減少は相変わらず続いている。40年以上前のボウリングブームで建設された施設が老朽化し、再投資が必要となっているが、余力がなく事業転換を図るところが多い。リーグボウラーは増えているが、一般客は減っており、入場者数は増えていない。チェーン店を中心に、投げ放題などの大幅な低価格化をするところも現れ、周辺施設が巻き込まれるケースが目立つ。その結果、ゲーム数は僅かに増えても、ゲーム単価が下がり、売上げは増えない。ボウリング関連のTV番組が徐々に増えており「P★LEAGUE(Pリーグ)」関連のDVDは安定して売れている。イベントの来場入場者数は増加傾向にあり、観るスポーツとしてファン層は徐々に広がっている。今後のビックスター誕生が期待される。


どうでしょう。麻雀業界と良く似ている部分がありませんかね。

店内の老朽化が進んだが余力が無い雀荘は、最新の麻雀卓に切り替えられなかったり、広告宣伝費を捻出できない。そうして新規のお客様が獲得できず、お客様の高齢化とともに廃業に向かっていきます。店で待っていてもお客様が来ていた時代はとっくに終わっているのですが、未来への投資をしてこなかったお店は淘汰されていくと。

P★LEAGUE」は名前だけは知ってたんですが、人気なんですねー。
いままで、「麻雀」って「自分で打つのが面白い」と考えている人がほとんどだと思っていたんですよ。だから、麻雀プロという存在をほとんどしらない麻雀ファンもたくさんいます。
しかし最近、ニコ生などの普及で「観るゲーム」としてもファン層が増えてきていて、今後もその傾向は続くであろうと思っています。
もっと「観せる」ことと「観られる」ことを意識していかないといけないなと。
これは「麻雀の技術を観せる」というだけでなく、視聴者にわかりやすい解説や演出、そしてネットでの発信方法なども含みますね。


※ブログでたびたび格闘ゲームの話題を出しますけど、今の私にとって格闘ゲームは「観る」だけなんですよね。それでも面白い!と思わせる魅力があります。

この記事と関連性が高い記事

コメントを残す

CAPTCHA


  • プロフィール

    ◆taroo(たろー)

    雀荘検索「麻雀王国」やニュースサイト「麻雀ウォッチ」で麻雀界の情報を発信しています。こちらはtarooの個人ブログで、麻雀界や天鳳についてあれこれ書いています。

    ■このサイトについて
    ■お問い合わせ

    profile20121227.jpg
  • 麻雀ニュース

    麻雀専門ニュース

    麻雀ウォッチ

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2015年1月
    « 12月   2月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • リンク

  • 麻雀荘メンバーマニュアル完売!!


    おかげさまで完売しました!!
    ありがとうございました!!
  • 「麻雀 10倍勝てるテクニック」で紹介されました


    福地誠さんの「麻雀 10倍勝てるテクニック」の中で「特別収録」として本ブログの記事が紹介されました。
  • [PR]